First three-year plan / 第一次三カ年計画(2020-2023) Tatekawa Kiyoshiro film collection 30

日時:2023年1月29日(日曜日)

①16:00上映 ②19:00 上映  *15分前開場

入場無料

会場:BUoY

   東京都足立区千住仲町49-11 [map]

アクセス:東京メトロ千代田線・日比谷/JR常磐線/東武スカイツリーライン「北千住」駅出口1より徒歩6分、西口より徒歩8分

Artist statement

ロイ・リキテンステイン、トム・ウェッセルマンなどのポップアートが被写体を拡大することで「絵画が縮図である」というスケールの概念を拡張した。映画の場合、作品も重要だが、よりスクリーンの大きさ、マテリアルの部分が影響する。スマホ画面と映画館ではまるでスケール感が異なる。シングルスクリーンとマルチ、インスタレーションでも同様だ。投影する場所・方法によってスケール感は大きく変化する。個々の作家性はここに発揮される。作品と上映方法は一体である。

上映作品(6作品36分)

Part 161 併点 / 8分 / 2022

一定のリズムで繰り返される2つの映像、固定カメラで撮影した映像を交互に再生する。
視覚変化と音響変化を体感する作品。

Part 162 色区 / 6分 / 2022

変化を繰り返す表層の動き、手持ちカメラで撮影した画像をブロック化。
変容する視覚変化と音響を体感する作品。

Part 163 鏡面 / 6分 / 2022

一定速度でゆっくりと移動するフレーム、固定カメラで撮影した画像を鏡面化し縦移動させる。
視覚変化と被写体の質感を体感する作品。

Part 164 送撮 / 5分 / 2022

コマ送りされる画像、固定カメラで撮影した1秒間のコマ数を編集。
映像とリズムを体感する作品。

Part 165 復画 / 5分 / 2022

変化を繰り返す表層の動き、手持カメラで撮影した画像を複写し編集。
視覚変化と被写体の質感を体感する作品。

Part 166 離動 / 6分 / 2022

変化を繰り返す表層の動き、3Dレンズで撮影した画像を分解、再構成する。
変容する視覚変化とリズムを体感する作品。

予告映像

Tatekawa Kiyoshiro film collection Archive

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30