写真新世紀展2020

会場:東京都写真美術館(東京)

出品作品:「写真が写真に近づくとき」

会期:2020年10月17日(土)-11月15日(日)

キヤノンHP写真新世紀GALLERY

Artist statement

写真と動画の関係性について考察し写真とは何かを探求する作品。視覚変化を触発するため映像による写真の動画化及び動画の写真化を実施、また音響を追加することで聴覚変化も触発する。この試みにより写真と動画の差異及び相似性を抽出し写真の本質について思考する。
写真は時間を止めることで時間を可視化し、時間の日常性を意識化し、時間に対する既成概念を変革させた。写真に現れる静止の世界。流れるべき時間が静止することの違和感、驚き。これこそ写真の本質である。「写真が写真に近づくとき」とはこの驚きの瞬間である。

Exhibition Scenery

VR Tatekawa

Movie

写真新世紀2020年優秀賞『写真が写真に近づくとき』立川 清志楼

photo

Book